エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

エンタメ テレビ朝日 ドラマ M愛すべき人がいて

【M 愛すべき人がいて】第5話のあらすじ〜流川と礼香のキスシーンが話題に【ネタバレ注意】

出典:テレビ朝日/AbemaTV

2020年4月スタートの「M 愛すべき人がいて」は、テレビ朝日とAbemaTVとの初の共同制作ドラマ。ノンフィクション作家小松成美の同タイトル小説が原作で、主演は安斉かれんと三浦翔平。

歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた、出会いと別れの物語を描いていきます。

第5話のあらすじと見どころをピックアップして紹介します。

【M 愛すべき人がいて】キャストとあらすじ〜安斉かれん/三浦翔平W主演のドラマ

続きを見る

 

「M 愛すべき人がいて」第5話のあらすじ

レコード会社A VICTORYの専務でプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、FAXで届いたアユ(安斉かれん)からのラブレターを読んでいた。ふと気配を感じ、振り向くと…そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)が!

礼香は「マサとの結婚式で着るドレスを借りてきた」とニッコリ。予想外のできごとにフリーズするマサだが、キスを迫る礼香を押しのけ、「結婚できない」と静かに告げる。

アユからの愛の告白で自分の気持ちに気づいたマサは、アユを呼び出す。
ついに気持ちが一つになり、幸せいっぱいの二人だが…。

街にアユの看板が増えていく中、ガールズグループAxelsの玉木理沙(久保田紗友)は、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)に焦りをぶちまける。
力のあるプロデューサーに呼び出され、一夜を共にしたことで自暴自棄になっている理沙に詰め寄られた流川は、やりきれない思いをマサにぶつける。

一方、社長の大浜(高嶋政伸)は、マサをたたき潰すため、Axelsに莫大な予算を投入。
尊敬していたマサに反旗をひるがえした流川とアユを憎む礼香に、とんでもない提案をする。
大浜の暗躍によって、アユとAxelsのデビュープロモーションは加熱の一途をたどることに…。

引用:テレビ朝日

 

第5話の見どころ

「約束いはーーーーーーーーーん」

ウェディングドレスを着て突然事務所に現れ、マサに結婚を迫る礼香。

礼「どうかなあ、マサとの結婚式できるやつ。
マサさあ、アユのことで忙しくて一緒に選んでくれないから、借りてきたの。
日取り、決めなきゃね。
会場も決めなきゃ。
招待状も出さなきゃ。
私、幸せ。」

マ「ゴメン…」

礼「どうして謝るの?
謝ることなんかないじゃん、幸せになろう?」

マ「俺は礼香とは結婚できない。」

礼「今日のジョークは面白くない。」

マ「そう思わせたのなら申し訳ない。
けど、結婚はできない。」

礼「約束いはーーーーーーーーーん
私の目の代わりになってくれるって言ったよね。」

マ「その責任は一生とる。
けど結婚はできない。」

礼「わからない!
あのさぁ、もしかしてだけど、もしかしてもしかして、アユのことが好きなの?
その手紙。私、読んだのよ。
好きなわけないよね。だよね!
好きになるわけないよね、好きなはずないよね!」

マ「アユからもらった手紙を見て気づいた。」

礼「何に、気づいたんですか?」

マ「自分の気持ちに、俺は…」

礼「聞きたくなーい!」

 

「問題は解決しようとするな、全部吹っ飛ばせ」

スタッフのアユのプロモーションにゲキを飛ばすマサ。

マ「全然足りねんだよ、もっとだ!
渋谷中のビルボードとモニター全部買い占めろ!」

スタッフ「これ以上ですか?」

マ「金を積んで他をどかせ!」

ス「もうお金の問題じゃないんです。」

マ「じゃあ何の問題だ!?
問題は解決しようとするな、全部吹っ飛ばせ!
いいか、若い世代はアユという存在が気になり始めてる。
渋谷中をアユで染めて染めて染めまくれ!」

 

いつまでも格好つけてんじゃねぇ。格好悪く生きろ!

リサを黒川プロデューサーの元に1人で行かせた自分を責める流川。

流「こんな俺最低です。
俺、最低ですよね。」

マ「自分を最低だなんていうのは簡単だ。
けどそんなこと言う前にやることあんだろ。」

流「何があるんですか?何ができるんですか俺に?」

マ「いくらでもあんだろ!
流川、お前本気で俺に勝つ気あんのか?
プロデューサーのお前が、お前がそんなこと思ってたら、うまく行くわけねえだろ。」

流「マサさん、俺はあなたが大好きです。尊敬してました。
でも、自分の目的を達成するために、人の迷惑をかけまくって、わがままで、自分勝手で、人を傷つけて、そんなあなたは今は大っ嫌いです。」

マ「だったらもっと嫌いになれよ。じゃなきゃ俺に勝てねえぞ。」

流「はあ。なれないっすよ。なれるわけないじゃないですか!
そもそもあんたに勝てるわけないのにこんな勝負に担ぎ出されて、俺は…」

マサ、流川を殴る。

マ「人の人生背負ってんのに、誰かのせいにしてんじゃねえぞ馬鹿野郎!」

流「何で俺のこと最低って言ってくれないんすか!
何で叱ってくれないんですか!」

マ「それがお前とリサが俺に勝てる方法だったら否定はしない。
俺はアユをスターにするため人生かけてやってんだよ!
お前は死ぬ気でやってんのか!?」

流「わかんないっす。」

マ「いつまでも格好つけてんじゃねぇ。
格好悪く生きろ!」

 

【M 愛すべき人がいて】第5話で使われていた曲はなに?〜曲目と動画まとめ

続きを見る

 

第5話のネットでの感想は…

 

第5話はいかがでしたか?

ネットでは流川と礼香の衝撃のキスシーンが話題でした。

ウェディング姿で強引に迫った結果、とうとう礼香はマサから引導を渡されてしまいましたね…

しかしなんと、礼香のスピンオフドラマも放送日が決定したそうです。

タイトルは『L 礼香の真実』。1ランク大きめの話題を取りにきましたね。

6月27日(土)24時10分よりABEMAで独占配信。

Mファン、礼香ファンは、こちらもぜひチェックしておきたいところです。

 

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の放送日程と第5話の見逃し配信日はこちら

【M 愛すべき人がいて】第5話の見逃し動画配信を無料で視聴する方法【テレ朝/Abemaドラマ】

続きを見る

 

「M 愛すべき人がいて」公式サイト

番組公式サイト

公式Twitter

公式ブログ

 

-エンタメ, テレビ朝日, ドラマ, M愛すべき人がいて
-,

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.