エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 新型コロナウィルス

「コロナマウント」ってなに?どんな意味?〜マウント被害者の調査結果も

SNS映え分析のSNAPLACE(スナップレイス)が4月28日、「コロナマウント」に関する調査結果を発表しました。

最近目にすることが多くなってきた「コロナマウント」、いったいどんな意味で、どういったときに使われる言葉なんでしょうか?

「コロナマウント」の意味と、意外と多い「コロナマウント」の被害の調査記事についてまとめてみました。

 

「コロナマウント」の調査結果

SNAPLACEは4月28日、「コロナマウント」に関する調査結果を発表した。調査は4月下旬にネット上で実施し、10~50代の男女100人から回答を得た。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、目まぐるしい環境変化が日常生活や職場などで起きている。

影響は人それぞれのはずだが、中にはコロナを利用して心理的に相手よりも優位に立とうとする"コロナマウント"を取る人がいるようだ。

「休んだ分の補償も出るので給与が減らない、あなたは気の毒ね」

実際に、約8割の人が「コロナマウントを取られたことがある」(77%)と被害を訴えている。

被害者を年代別にみると、最多は「20代」(88%)で約9割。次いで「30代」(76%)、「40代」(73%)、「50代」(57%)と若い年代ほど回答率が高かった。

引用:キャリコネニュース

 

記事を要約すると、

  • SNAPLACEが「コロナマウント」に関して調査
  • 77%の人が「コロナマウントを取られた」と回答
  • 調査は4月下旬にネット上で実施
  • 10~50代の男女100人から回答
  • 若い年代ほど被害率が高かった

つまり「コロナマウントを取る」とは、「コロナを利用して心理的に相手よりも優位に立とうとする行動」のこと。

「コロナマウントを取られた」とは、その行動による心理的な被害を受けたということですね。

調査結果では、約8割の人が「コロナマウントを取られたことがある」と回答。

「コロナハラスメント」が日常の会話にも拡がっているようです。

 

「コロナマウント」の使われ方

どんな会話が「コロナマウント」なのか、上記の調査結果から簡単にピックアップしてみます。

 

会社に行かずテレワークしてる自慢をよくされます。やれ通勤時間が減って家でゆっくり寝れるだの、やれ仕事をさぼってゲームしてるだのうんざりです。

自分もテレワーク自体は可能なのですが、やはり職場で働いている方が集中できるし、感染しないように時間差出勤等を行っているのでマウントを取られるとイラっとします。

我が家は自営なので収入としては不安定です。『自営の人って大変よね。うちはお給料だけは心配ないなら良かったかなあ。』と、給料に関してマウント取られました。

確かに自営は現在、不安定な時期となってしまいましたが、そのような人に向かって言う事ではないと感じ、悔しさでいっぱいになりました。

完全リモートワークに関するマウントをとられました。私は週2日リモートワークとなったものの週3日は会社に出勤しなければなりません。

そのことを知っている友人から『まだ完全リモートにならないの?古い体制の会社で本当に困るね。私は在宅になったおかげで家族と関わる機会も増えて本当によかった。』と言われました。

友達に電話で『マスクが売っていなくて困っている、売っていないから今自分でマスクを作っている』ということを私が言った時の話です。

私の言葉を聞いた友達は『それは大変だね。まぁうちの会社ぐらいでかかったら、従業員とその家族に1箱ずつもらえるけどね。さすがに手作りのマスクは外でつけられないしね』と言われました。

 

「コロナマウント」、ネットでも話題が上がっています。

 

まとめ

「コロナマウント」をしてくる人は、日常的に平気でハラスメントを行っているタイプの人なのではないでしょうか。

もしコロナマウントされた場合、相手にしないでスルーするのが一番の対処法ですね。

 

新型コロナウィルス関連情報

-ライフ, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.