エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 政治・経済 新型コロナウィルス

「アベノマスク疑惑」今度はシマトレーディング!〜どこのどんな会社?ユースビオとの関係は?

4月28日のデイリースポーツで、「アベノマスク また新会社が出てきた「シマトレーディング」国会答弁で突然…」という記事が発表されました。

昨日の株式会社ユースビオに続いて、本日の国会答弁において「シマトレーディング」という新たな会社の名前が出てきましたが、この会社はユースビオと何の関係があるんでしょうか。

どんな会社でどんな繋がりがあるのか、調べてみました。

 

デイリースポーツ記事の詳細

アベノマスク また新会社が出てきた「シマトレーディング」国会答弁で突然…

新型コロナウイルス対策などに関連する補正予算案を審議する衆院予算員会が28日、開かれた。

政府配布の布マスク(俗称アベノマスク)を巡り、妊婦用に配布されたマスクの受注企業4社のうち、なかなか明かされなかった最後の1社が、27日に福島市の「ユースビオ」だと公表された件について、立憲民主・大串博志議員が質問。

この応答の中で、加藤勝信厚労相が「輸出入をするもうひとつの会社と一緒になって契約額が5・2億円。従って輸出入についてはその会社が担っていたと聞いております」と述べた。

大串議員が「初めて聞きました」と指摘すると、加藤厚労相は「シマトレーディングという会社でありまして、ユースビオはマスクにおける布の調達、あるいは納品時期等の調整。いま申し上げたシマトレーディングは生産輸出入の担当をされていた」と述べた。

大串議員は「今になって新しいことが言われて、極めて不透明な感じがする」と指摘した。

引用:デイリースポーツ

 

記事のポイントをまとめると、

  • ユースビオの契約額は5.2億円
  • ユースビオはマスク布の調達と納品時期等の調整を行う
  • シマトレーディングは生産輸出入の担当をしていた

 

本日、加藤厚労相から、『シマトレーディングという会社が、生産輸出入を担当していた』という内容が新たに発表されました。

アベノマスクに関する話題は、新たな事実が日替わりで出てきますが、極めて不透明な感じがする「シマトレーディング」、どんな会社なのでしょうか?

 

第6の会社「シマトレーディング」とは?

ネットですでに会社の登記情報が出ています。それによると、

  • 設立:平成1年3月24日
  • 所在地:福島県福島市飯坂町字舘6番地3
  • 事業内容:生花および生花器具類の販売
    食料品の販売
    園芸資材の販売
    家庭用日用雑貨類の販売
    衣料品の販売 など
  • 代表者名:島正行
  • 資本金:1000万円

となっています。事業内容を見ると、あまりマスクの輸出入とは関係なさそうですね。

昨日の記者会見で、第4の会社である「ユースビオ」の存在が明らかになりましたが、この「シマトレーディング」は、ユースビオと一緒になってアベノマスクを受注したということです。

契約額は5.2億円。輸出入についてはシマトレーディングが担っていたと、加藤厚労相は答弁しています。

今の所、シマトレーディングの詳細は不明ですが、徐々に情報が明らかになってくると思われます。

 

すでにネットでも様々な反応が…

 

まとめ

466億円の費用をかけて配布される「アベノマスク」、汚れだけでなく、ここへ来てとうとう疑惑まで付いてしまいました。

本日新たに「シマトレーディング」という会社まで出てきて、4社目の取引に一層不審感が高まった感じがします。

そのためにも、早急に説明責任を果たすべきではないでしょうか。

つじつまの合わない使途不明な247億円の行方とともに、野党には引き続き、厳しく追及してもらいたいと思います。

 

「アベノマスク」納入業者が全量回収!〜生産国はどこ?不良品発生の原因は?

続きを見る

-ライフ, 政治・経済, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.