エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 新型コロナウィルス

「コロナ禍」の読み方は?〜注意「コロナ渦」ではありません!

ニュースの記事などでよく見かける「コロナ禍」、なんて読むか知っていましたか?

「禍」の読み方と意味、使い方ついて、簡単にまとめてみました。

 

「コロナ禍」はなんて読むの?

答え:「コロナ禍」=「コロナか」と読みます。

「コロナうず」「コロナなべ」ではありません。

「禍」を「渦」「鍋」「過」と間違えがちですので、注意してください。

 

「禍(か)」の意味と使い方

  • 意味:よろこばしくない事柄。不幸をひきおこす原因。災難
  • 使用単語:禍福・禍根・水禍・災禍・奇禍・惨禍・戦禍・輪禍・大禍・黄禍・筆禍・舌禍、など

 

では「コロナ禍」の意味は?

いわゆる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が招いた危機的・災厄的な状況のこと。

社会的・政治的・経済的な、混乱・不安・損失などを総称した言い方。

引用:weblio.jp

 

つまり「コロナによる災難」という意味ですね。

では「コロナ禍」は、どんな時に使われることが多いのでしょうか?

 

「コロナ禍」の使用例

「新型コロナウィルスの影響で〜」という文章を、「コロナ禍で〜」にすると、12文字を4文字にすることができます

例えば文字数が限られる「記事のタイトル」などでは、便利に使われていることが多いです。

  • 「ディズニーはコロナ禍があと1年半続いても潰れない」
  • 「コロナ禍でも大盛況。不思議なラブホテルの秘密は」
  • 「コロナ禍と戦う世界のリーダーは」
  • 「コロナ禍で消費者の購買意欲が高まっている商品は」

などです。

ただし会話では、ほとんど使われていませんよね。

おもに視覚的な媒体にのみ使われている言葉だと思います。

 

まとめ

  • 読み方:「コロナ禍」=「コロナか」と読みます。
  • 意味:「コロナによる災難」という意味

 

もしも感染したら何をするべきか?感染前にできる対策は?〜赤江アナの経験から【新型コロナウィルス】

続きを見る

新型コロナウィルス関連情報

 

-ライフ, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.