エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 地域 政治・経済 新型コロナウィルス

東京都のスーパー 入店制限はいつから、どうやって?〜時間制導入や来店人数の制限も

4月22日の毎日新聞において、「小池都知事 入店規制など対応策を検討」という記事の発表がありました。

東京都は、都内各地のスーパーで混雑が生じていることについて、入店規制などの対応策を検討しているということです。

入店規制はいつから、どこの店で行うのか、記事の詳細内容についてまとめました。

もしも感染したら何をするべきか?感染前にできる対策は?〜赤江アナの経験から【新型コロナウィルス】

続きを見る

 

毎日新聞の記事詳細

小池都知事「スーパーは大変『密』」入店規制など対応策を検討

東京都の小池百合子知事は22日午前、各地のスーパーで混雑が生じている問題について、入店規制などの対応策を検討していることを明らかにした。

報道陣の取材に「スーパーは大変『密』な状況になっている。
入店を何人までにするとか、お待ちになる方の間とか、早急に検討しているところです」と述べた。

緊急事態宣言による外出自粛が求められる中、家族連れらによるスーパーの混雑は、感染リスクが高まる3密(密閉、密集、密接)状態が生じる可能性がある。

今月15日の新型コロナウイルス感染症の対策を話し合う都の審議会でも、出席した専門家から「(来店の)時間制の導入や来店人数の制限など、ルール作りを主導することで(混雑緩和に)何かできるのでは」という提案が出されていた。

引用:毎日新聞

 

記事のポイントを要約すると、

  • 東京都はスーパーの入店規制などの対応策を検討中
  • 検討内容は、入店人数、レジ待ち間隔など
  • 時間制の導入や来店人数の制限などのルール作りも検討

ということです。

具体的なルールについて、小池知事は、

  • 名前の頭文字で時間を区切る。例えば「ア行の人は10時から11時まで」など
  • ひと家族につき1人だけと制限したりする

といった例を示し、「少しルールを厳しめに設けさせて頂くことが必要と考えている」と述べています。

小池知事は、23日夕方に臨時記者会見を開く予定とのことなので、詳しい内容はそれまで待ちたいと思います。

 

ネットでの反応は?

まとめ

大阪府でも22日に吉村知事が『スーパー入場制限』を検討中であることを発表しています。

東京都の発表後に、大阪府も対応策の発表があるかもしれません。

混雑緩和の対応策として、

入店整理券の発行
入店可能日の設定

などが考えられますが、誰が、どのように設定・通知するか、来店時にどうやって証明するか、その場所で混雑が発生しないか… など、いろいろ課題もありそうです。

 

新型コロナウィルス関連情報

 

-ライフ, 地域, 政治・経済, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.