エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

マスク入荷情報 ライフ 新型コロナウィルス

米、男性局部柄のマスクに注文殺到!〜どこで買えるの?購入方法や他の種類も

出典:UHRC

4月21日のTechinsightにおいて、「男性の局部がプリントされたマスクに注文殺到(米)」という記事がありました。

米ユタ州に住む女性がFacebookに投稿したマスクのプリント柄が、あまりにもユニークで斬新だと話題になっているそうです。

この記事の詳細と購入方法を調べてみました。

 

Techinsight記事の詳細

男性の局部がプリントされたマスクに注文殺到(米)

ユタ州ソルトレイク郡に住むミンディ・ヴィンセントさん(Mindy Vincent)は今月9日、淡い色の可愛らしい花々と男性の局部がプリントされた白いマスクを着用し、Facebookに次のような投稿をした。

「マスクが届いたの! 今日ウォルマート(スーパー)とペトコ(ペットショップ)に付けていったのよ。」

「誰かに『マスクにペニスが付いてる』って言われたんだけど、私はこう返してやったわ。
『(ペニスだってわかるってことは)あなたは私に近付きすぎってことよ。お願いだからちょっと離れてくれない?』ってね。」

あまりにも奇抜なマスクとひねりの効いたコメントが話題となり、この投稿は1週間で40万人以上にシェアされた。
そしてミンディさんのもとには「どうやったらこのマスクが手に入るのか」という問い合わせが殺到した。

実はこのマスク、ミンディさんが運営する「ユタ・ハーム・リダクション連合(Utah Harm Reduction Coalition、UHRC)」の活動のために中国から取り寄せたものだった。
UHRCは薬物関連の害を減らすことを目的に設立された非営利団体で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スタッフが薬物依存者らと接する時にはマスクが欠かせなかったためだ。

ただ手元に残っていたマスクは数少なく、「マスクが欲しい」という人たち全てに譲ることはできない。

そこでミンディさんは、息子の提案で「プロジェクト・ペニス・マスク(Project Penis Mask)」をスタート。
マスクを自分で作って1枚20ドルで販売し、収益を団体の活動資金に充てることにしたのだ。

こうしてUHRCのホームページには専用サイトが立ち上げられ、今月16日までに5400人(約1160万円分)がマスクを購入した。

マスクの柄は男性の局部(2種類)、女性の局部、女性の胸(2種類)の5種類から選択が可能で、ミンディさんは全部で1万9千枚のマスクが製作できるだけの生地を確保しているという。
ただ注文が殺到しており、現在はスタッフ総出でマスクの製作にあたっているとのことだ。

引用:Techinsight

 

近づくとわかる柄は、人との距離を保つバロメーターにもなるんですね。

このマスクは現在、UHRCのホームページから直接購入することができるようです。

 

「UHRCマスク」の購入方法

UHRC ホームページ

マスク購入ページはこちら

 

「Cockblock Corona Mask」の柄は3種類

現在購入できるマスクの柄は3種類。

Excited Penises

Flying Penises

Vaginas

 

支払い方法

支払い方法はPayPalのみ。海外発送もできるようです。

価格はどの柄もすべて20ドル(送料別)。

「先着順発送し、5月末までにすべての配送が完了する予定」とのことです。

 

まとめ

マスク不足が続いていますが、手作りマスクや素材に工夫を凝らしたマスク、ファッション性の高いマスクなども注目されつつあります。

日本では販売されていないこのマスク、着ければ注目度合いは満点ですね。

人とは違ったものに興味がある方は、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

全国のマスク入荷情報

 

-マスク入荷情報, ライフ, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.