エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

エンタメ マスク入荷情報 ライフ 新型コロナウィルス

注文殺到の「水着マスク」って何?いくら、どこで買えるの?〜価格と購入方法も

出典:NHK

4月16日の朝日新聞において、「水着マスクに注文殺到、数分で1千枚」という記事の発表がありました。

マスク不足が続く中、福島県二本松市の富樫縫製がつくる「水着マスク」が売れているそうです。

「水着マスク」の詳細と、どこで購入できるのか調べました。

もしも感染したら何をするべきか?感染前にできる対策は?〜赤江アナの経験から【新型コロナウィルス】

続きを見る

 

朝日新聞の記事詳細

水着マスクに注文殺到、数分で1千枚 もちろん洗える

新型コロナウイルス感染拡大でマスク不足が続く中、福島県二本松市の富樫縫製がつくる「水着マスク」が売れている。
主力である水着の生地の端材を生かしてマスク生産に乗り出したところ、全国から注文が相次ぐヒット商品になった。

中国から買っている水着の生地の輸入が止まり、水着の生産が難しくなったのがきっかけだ。
マスクを求め行列ができる光景を見た社員が「端材でマスクを作れば、少しは社会の役に立てるかも」と提案した。

早速、富樫三由社長が自ら試作を重ね、商品化にこぎつけた。
1枚5分程度で作れるといい、社員の伊藤吉子さんは「水着に比べれば簡単」と話す。

1枚500円で、洗えば繰り返し使える。
3月中旬に同社ホームページから通信販売を開始。

直後から注文が殺到し、500~1千枚が数分で売り切れるという。
予約を受け付けないため、閲覧が後を絶たず、アクセスは1日8万超にのぼるという。

通販のほか、今月からは1日あたり道の駅「安達」で200枚、スーパー「いちい」の県内全16店舗で計1千枚を売り始めた。
市内にある二つの工場をフル稼働させ、1日に4500枚を作る。

引用:朝日新聞

要約すると、水着マスクの特徴は

  • 福島県二本松市の富樫縫製が製造
  • 素材は水着の生地の端材
  • 1枚500円
  • 洗えば繰り返し使える

 

というこのマスク、発売直後から注文殺到ですぐに売り切れるということです。

購入するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

「水着マスク」購入方法は?

「水着マスク」の予約は受け付けていないため、購入方法は今の所、

  1. 富樫縫製のホームページからからの購入
  2. 店舗から直接購入

しかありません。

 

富樫縫製公式ネットショップ

富樫縫製のホームページアドレスはこちらになります。
現在注文が多いため、購入しにくくなっています。

S字の力【公式】ワークサポートスーツ通販も対応|腰痛や軽労化
福島県二本松市にある富樫縫製が提供するワークサポート スーツS字の力の公式ネットショップです。全国通販に対応。S字の力は腰や身体へ の負担軽減を目的に...
S字の力【公式】ワークサポートスーツ通販も...
  
https://s-ji.shop/?pid=149123181

購入できる店舗

  • 道の駅「安達」(福島県二本松市下川崎上平33−1)
  • スーパー「いちい」の県内全店舗
    福島西店(福島市八島田字勝口27-1)
    蓬莱店(福島市蓬莱町2丁目2番1号)
    渡利店(福島市渡利字平内町83)
    鎌田店(福島市鎌田字一里塚9-19)
    信夫ヶ丘店(福島市矢倉下5番)
    パワーデポ食品館(福島市八木田字榎内52-2)
    南福島店(福島市黒岩字堂ノ後78)
    川俣店(伊達郡川俣町鶴沢字社前12-1)
    飯坂店(福島市飯坂町字月崎町12-4)
    庭坂店(福島市町庭坂字新町31-1)
    須賀川東店(福島県須賀川市北上町77-1)
    鏡石店(福島県岩瀬郡鏡石町本町179番地)
    リカーズ酒蔵(福島市八木田字中島128-1)
    プラスワンキッチン(福島県福島市栄町1-1 S-PAL福島1F)
    フォーズマーケット(福島市山下町1-29)

 

ネットでの評判も

 

まとめ

水着マスクは1枚500円でネットから購入が可能ですが、注文が殺到しているため当分は入手が難しいかもしれません。

政府も安価な布マスクではなく、このようなマスクを配布してくれると、とてもありがたいのですが…

富樫縫製では増産予定とのことですので、こまめに公式ネットショップをのぞいてみてください。


全国のマスク入荷情報

 

-エンタメ, マスク入荷情報, ライフ, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.