エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 新型コロナウィルス

【新型コロナウィルス】感染後に回復してもなぜまた発症するの?免疫抗体はできるの?

4月14日の日本経済新聞において、「新型コロナ、回復者に免疫あるか不明 WHOが警告」という発表記事がありました。

一度コロナに感染した患者が、再び症状を発症するケースも多くあり、果たして回復後に免疫ができているのか疑問視されています。

記事の詳細についてまとめました。

 

記事内容の詳細

抗体量が少なければ再び陽性になる恐れ

新型コロナ、回復者に免疫あるか不明 WHOが警告

世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスの感染者で回復後に再び陽性になる患者が出ていることについて、回復者に免疫がついているかは不明だとの見解を示した。
次に同じウイルスが侵入した際に、病原体を攻撃する抗体が体内で十分に作られていない可能性があるためだ。

免疫を持つ人が限られれば、外出制限などの解除が遅れる可能性もある。

WHOの感染症専門家、マリア・ファンケルクホーフェ氏は記者会見で、中国上海市で行われた最近の研究から、「(回復後に)検出できるほどの抗体反応を示さなかった人もいれば、非常に高い反応を示した人もいたことが分かった」と説明した。

抗体の量が少なければ、再び陽性になる恐れがある。

引用:日本経済新聞

 

記事のポイントを要約すると、

  • WHOによれば、回復者に免疫がついているかは現在不明
  • 病原体を攻撃する抗体が体内で十分に作られていない可能性あり
  • 抗体反応は人によって差がある
  • 抗体の量が少ない場合は再び陽性になる可能性あり
「症状が刻々と悪化」女性モデルが告白!〜発熱、頭痛、味覚障害や呼吸困難も【新型コロナウィルス】

続きを見る

 

ファンケルクホーフェ氏は「回復した患者からのさらなる情報が必要だ」として、データ収集と分析を急ぐ方針を示した。

今のところ免疫の全体像もつかめていないといい、「抗体がどう作用するか深く理解する必要がある」とも話した。

再び新型コロナにかかった患者について、体内のウイルスが再活性化したのか、新たに感染したのかは不明だ。

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏も抗体の有効期間は分からないとし、再び陽性になる原因に関して「答えはもっていない」と話した。

 

現在までの統計からは、回復後に再び陽性に転じた患者に関して、それが「再活性化」したのか「新たに感染」したのか、明確な結論が出ていないようですね。

つまり一旦感染し、症状が治まっても潜伏期間中に他の人と接触すると、感染させてしまう恐れがあるということです。

インフルエンザなどのウィルスは、一度感染すれば体内に抗体ができて免疫がつき、再び感染しにくいといわれていますが、新型コロナウィルスに関しては今までの常識とは全く違うケースのようです。

 

韓国では回復後に再陽性が111人も

韓国でもいったん回復してから陽性と診断された人が111人に達した。

再び陽性となる人が韓国や日本で出てきたことで、感染しても抗体が十分に作られていない可能性が浮上してきた。

コロナウイルスとしては史上初めてパンデミック(世界的な大流行)を引き起こした今回の病原体は未知な部分が多い。

WHOは、各国が急いで規制を緩めれば、感染が再拡大するリスクが大きいと警告する。

 

WHOは「感染しても抗体が十分に作られていない可能性」がある場合、再び発症することもあると警告しています。

イタリアやアメリカでは、本格的に抗体検査を始めているようです。

原因究明にはまだまだ時間がかかるかもしれません。それまではまず感染拡大を防ぐことを最優先に考えるべきだと思います。

 

今、感染を防ぐためにできることは?

免疫学の大阪大の宮坂昌之招へい教授は、病原体から体を守る力を養うために「特定の食品などで免疫系の働きを上げる秘策はなく、働きが悪くならないように維持することが大切」だと述べています。

免疫系の働きが悪くなる要因としてストレス、栄養や睡眠の不足が知られています。

米疾病対策センターでは、ストレスや不安を感じている人には、

  • 栄養バランスのとれた食事
  • 十分な睡眠
  • 運動

を勧めています。

宮坂教授によると、免疫細胞は血管やリンパ管をいったりきたりするので、それを促進するために

  • ウォーキングやストレッチなどでゆっくり筋肉を動かす
  • お風呂などで体をあたためる
  • 食事はゆっくり食べる
  • 散歩に行く

がいいそうです。

 

まとめ

感染したのちに再び症状が悪化する原因は、まだはっきりわかっていません。

新型コロナウィルスに関する情報はまだまだ未知であり、免疫抗体との関係もこれから解明していくところです。

まず優先すべきは感染防止であり、これまで以上に外出の自粛と予防対策をしっかりと行っていくように心がけましょう。

 

新型コロナウィルス関連情報

 

-ライフ, 新型コロナウィルス

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.