エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

ライフ 新型コロナウィルス

「症状が刻々と悪化」女性モデルが告白!〜発熱、頭痛、味覚障害や呼吸困難も【新型コロナウィルス】

4月9日のスポニチアネックスにおいて、コロナ感染の女性モデルが刻々と悪化する症状を赤裸々報告している記事がありました。

女性モデルは逢沢しずかさん。4日のPCR検査の結果、陽性と判断され、現在自宅療養中です。

彼女が感染した経緯と症状の変化など、記事の内容をまとめました。

 

スポニチアネックスの記事内容

逢沢は4日、「PCR検査の結果、陽性となりました。snsで沢山お声を頂き、、なんとも言えない状況でした。。

私が公開することにより、より一層危機感を持って少しでも早く終息に繋がればと、、偽善者かと思われるかもしれませんがご報告させて頂きます」と感染を公表した。

「症状は日に日に悪化し、咳、熱、関節痛、悪寒、頭痛、味覚嗅覚は昨日からなくなりました。

現在は37度-38度代の熱。夜になるとどんどん悪化し、呼吸困難になったりもします」と病状を説明した。

引用:スポニチアネックス

 

逢沢さんは、今月4日に陽性と判断されたそうですが、症状が出る前日まで仕事をしていたそうです。

症状が出た後の様子をこう述べています。

翌日(5日)は「今夜は頭が割れそうなくらい痛くて寝れない。咳するのも痛い。呼吸も苦しい。なぜか熱は低体温。

昨日は38度の熱出して暖房31度、何枚着込んでも寒くて寒くて関節も痛くて家でダウン着てインフルみたいな症状だった、、毎日症状がバラバラ、、怖い。。
統一して言えるのは夜悪化する」と報告。

翌6日は「症状悪化してるので入院勧められました。
2週間以上入院になるみたい。家でも1人なので移すことはないので悩みます。。」と症状悪化を報告。

7日には「発症10日目。なんか体がかゆい。いきなり発疹出てきた。。熱は微熱。あと頭痛。咳。少し胸が圧迫される。味覚嗅覚は引き続きなし」と投稿。「明日から入院」と入院が決まったことも報告。
8日は「すっごい邪魔 #コードに繋がられてる生活」と心電図の写真をアップ。

9日朝にも「起きるといつも熱低め36.2 てか全然寝れなかった」

 

要約すると、発症からの症状は、

  • 7日目の症状:38度の発熱。関節痛。悪寒がする。
  • 8日目の症状:ひどい頭痛、咳も苦痛、呼吸も苦しいが低体温。
  • 9日目の症状:症状悪化
  • 10日目の症状:発疹で体が痒い。微熱と頭痛。味覚臭覚はなし。
  • 11日目の症状:入院
  • 12日目の症状:38度代の熱。夜悪化。呼吸困難。

 

というふうに、症状がどんどん変化してくのがわかります。

同時にかなりの体力が奪われるようです。

6日夜に、逢沢さんがPCR検査を受けるまでの経緯も詳細に報告しています。

逢沢によると3月29日に「明らかに違和感を感じる咳」との症状が見られ、30日に「咳、熱(37度前後を行き来) あれ?と思い昼間」、東京都の指示通りかかりつけ医に電話した後、接触相談センターへ電話すると「様子を見てください大袈裟です」と言われたという。

その後、夜中に呼吸が苦しくなり、熱が上がり、保健所に電話すると、朝方6時頃につながり、まずはかかりつけ医の診断のもと、その医師の判断で病院から保健所に連絡するよう指示があったという。

その後、かかりつけ医に事前に状況を説明し、病院へ。

レントゲンで肺炎の症状は見られなかったというが、かかりつけ医の判断で保健所へ連絡。
その日の昼過ぎにはPCR検査ができる病院へ行くことができたという。

その際、医師からは「PCR検査にならないかもしれませんが、それでも行きますか?」との質問もあったことを明かし、「どうしても違和感があった」のでお願いしたという。

インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎の検査も行い、異常なし。肺炎の所見もなかったという。
「呼吸は気管支がやられているのかも」と伝えられたというが、結局4時間ぐらいかかって検査が終了したという。

「条件として2週間以内の渡航歴、感染者との濃厚接触はありませんでした。
恐らく発症してるのになかなか検査に行けてない方多いですよね 私はかかりつけ医の診断そして判断の元、行くことができました」

 

この経過を見ると、発症しても検査を受けるまでにかなり時間がかかるようです。

また検査時間も長く、検査が終了しても陽性であっても、反応がない場合もあるので、違和感がある場合は、諦めずにお医者さんに訴えるようにしたほうがいいと思います。

新型コロナは、症状が発症してから治療時間が長くかかるため体力的に負担が大きく、体力のない多くの方が命を落している深刻な病気です。

もしもの時に備えて、普段からかかりつけ医に相談するようにしておくと、適切に対応してもらえるようです。

 

まとめ

批判を覚悟の上での今回の逢沢さんの発表は、とても勇気ある行動だと思います。

観戦後に刻々と悪化する症状は、今までのどの病気よりも危険だということがわかります。

新型コロナの恐ろしさを、今一度認識して、感染防止に努めたいと思います。

 

新型コロナウィルス関連情報

 

-ライフ, 新型コロナウィルス
-

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.