エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

アンサング・シンデレラ エンタメ ドラマ フジテレビ

原作【アンサング・シンデレラ】第13話の薬剤を考察〜石原さとみ主演の医療ドラマ〜

荒井ママレ原作の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、病院が舞台の医療ドラマ。

主人公の葵みどりは、製剤の仕事を行う病院薬剤師。そのため各話に重要なキーとなる薬剤名が登場してきます。

原作で登場する薬剤の特徴をあらかじめ知っておくと、ドラマのストーリーがもっと楽しめますよ。

 

「アンサング・シンデレラ」第13話に登場する薬剤

シスプラチン

特徴

  • 抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)

効果

  • がん細胞のDNAの合成を阻害して、がん細胞の増殖を抑える
  • 睾丸腫瘍、膀胱がん、腎盂・尿管腫瘍、前立腺がん、卵巣がん、頭頸部がん、非小細胞肺がん、食道がん、子宮頸がん、神経芽細胞腫、胃がん、小細胞肺がん、骨肉腫、胚細胞腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胆道がんの治療、悪性骨腫瘍、子宮体がん、再発・難治性悪性リンパ腫、小児悪性固形腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法に用いる

副作用

  • 吐き気・嘔吐、食欲不振、発疹、ほてり、脱毛、全身倦怠感など

 

S-1

特徴

  • 胃癌などに使用される抗がん剤

効果

  • 胃がん、結腸・直腸がん、頭頸部がん、非小細胞肺がん、手術不能または再発乳がん、膵がん、胆道がんの治療に用いる

副作用

  • 食欲不振、はきけ、嘔吐、下痢、体がだるい、口内炎、色素沈着、発疹、流涙など

 

オキサリプラチン

特徴

  • 抗がん剤

効果

  • がん細胞のDNAの合成を阻害して、がん細胞の増殖を抑える
  • 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がんの治療、結腸がんにおける術後補助化学療法、治癒切除不能な膵がんの治療、胃がんの治療、小腸がんの治療に用いる

副作用

  • 下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、口内炎、便秘、疲労、けん怠感、体重減少、脱毛、注射部位反応、味覚異常など

 

「アンサング・シンデレラ」キャストとあらすじ

フジテレビ【アンサング・シンデレラ】キャストとあらすじ〜石原さとみ主演の医療ドラマ〜

続きを見る

 

「アンサング・シンデレラ」放送日

放送話 放送日時
第1話 2020年4月9日(木)22:00-23:09
第2話 2020年4月16日(木)22:00-22:54
第3話 2020年4月23日(木)22:00-22:54
第4話 2020年4月30日(木)22:00-22:54
第5話 2020年5月7日(木)22:00-22:54
第6話 2020年5月14日(木)22:00-22:54
第7話 2020年5月21日(木)22:00-22:54
第8話 2020年5月28日(木)22:00-22:54
第9話 2020年6月4日(木)22:00-22:54
第10話 2020年6月11日(木)22:00-22:54
最終話 2020年6月18日(木)22:00-22:54

 

「アンサング・シンデレラ」の公式サイト

フジテレビ

 

Twitter

 

「アンサング・シンデレラ」の原作

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり コミック 1-3巻セット』
荒井ママレ, 富野浩充 著
ゼノンコミックス
2,977円(税込)

 

-アンサング・シンデレラ, エンタメ, ドラマ, フジテレビ

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.