エンタメ・スポーツ・生活に関する最新情報サイト

タメ研

アンサング・シンデレラ エンタメ ドラマ フジテレビ

原作【アンサング・シンデレラ】第6話の薬剤を考察〜石原さとみ主演の医療ドラマ〜

荒井ママレ原作の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、病院が舞台の医療ドラマ。

主人公の葵みどりは、製剤の仕事を行う病院薬剤師。そのため各話に重要なキーとなる薬剤名が登場してきます。

原作で登場する薬剤の特徴をあらかじめ知っておくと、ドラマのストーリーがもっと楽しめますよ。

 

「アンサング・シンデレラ」第6話に登場する薬剤

ビオフェルミン

特徴

  • 乳酸菌整腸薬
  • 成分は「ビフィズス菌」

効果

  • 腸内で増殖し、乳酸と酢酸をつくることで、悪玉菌の侵入や増殖を防ぎ、お腹の不調を和らげる
  • 腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する整腸作用がある

 

ビクシリン

特徴

  • ペニシリン系抗生物質製剤

効果

  • 細胞の細胞壁合成を阻害し、殺菌的な抗菌作用を示す
  • 皮膚、呼吸器、泌尿器、消化器、婦人科、眼科、耳鼻科、歯科など広い範囲の感染症の治療に用いられる

副作用

  • 発熱、発疹、じん麻疹など

 

ビソルボン

特徴

  • 痰の切れをよくする薬

効果

  • 痰をうすめて粘りをとり、吐き出しやすくする
  • 気道粘膜の線毛運動をよくして、痰の排出を助ける
  • カゼを含め、呼吸器の病気で痰がからむときに用いる

 

セフゾン

特徴

  • 感染症の治療に用いるセフェム系の抗生物質

効果

  • 細菌の細胞壁合成を阻害することにより増殖を阻害し抗菌作用を示す
  • 呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に使用される

副作用

  • 発疹、じん麻疹、かゆみ、発熱、浮腫、紅斑、下痢、腹痛など

 

ムコスタ

特徴

  • 胃壁を守る粘膜を増加させるため胃潰瘍の薬
  • ムコスタは大塚製薬の商品名

効果

  • 血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復
  • 胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の胃粘膜病変の改善に用いる

副作用

  • 発疹、かゆみ、薬疹様湿疹など

 

フルマリン

特徴

  • オキサセフェム系の抗生物質

効果

  • 細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示す
  • 外科領域、呼吸器、尿路、腹腔内、胆道、産婦人科領域、耳鼻咽喉科領域など広い範囲の感染症の治療に使用される

副作用

  • 発疹、蕁麻疹、かゆみ、発赤、発熱、顔面潮紅など

 

「アンサング・シンデレラ」キャストとあらすじ

フジテレビ【アンサング・シンデレラ】キャストとあらすじ〜石原さとみ主演の医療ドラマ〜

続きを見る

 

「アンサング・シンデレラ」放送日

放送話 放送日時
第1話 2020年4月9日(木)22:00-23:09
第2話 2020年4月16日(木)22:00-22:54
第3話 2020年4月23日(木)22:00-22:54
第4話 2020年4月30日(木)22:00-22:54
第5話 2020年5月7日(木)22:00-22:54
第6話 2020年5月14日(木)22:00-22:54
第7話 2020年5月21日(木)22:00-22:54
第8話 2020年5月28日(木)22:00-22:54
第9話 2020年6月4日(木)22:00-22:54
第10話 2020年6月11日(木)22:00-22:54
最終話 2020年6月18日(木)22:00-22:54

 

「アンサング・シンデレラ」の公式サイト

フジテレビ

 

Twitter

 

「アンサング・シンデレラ」の原作

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり コミック 1-3巻セット』
荒井ママレ, 富野浩充 著
ゼノンコミックス
2,977円(税込)

 

-アンサング・シンデレラ, エンタメ, ドラマ, フジテレビ

Copyright© タメ研 , 2020 All Rights Reserved.